夏前でも水濡れ注意

先日友人と話していたら、息子さんのサッカーの役員にあたっていて当番に行ったら、予想外の雨に降られて濡れてしまって、寒くて寒くて震えが止まらなくなってしまったとのこと。

いわゆる低体温症になってしまったんでしょうね。

梅雨寒

 

この梅雨の時期は、出かけるときに天候がどうであれ、いきなり荒れることもあります。

一度濡れてしまうと、乾ききってしまうまでずっと体温を奪い続けてしまいます。

濡れてしまうかもしれないときには、綿じゃない素材がいいよって聞いたことがあるんですが、それでもやっぱりアンダーウエアは綿のものを着ている人が多いですよね。雨が沁み込んできて濡れてしまったらもうどうすることもできません。

 

やっぱり梅雨時は、すっぽりと水を通さない素材で体を覆ってしまうのが一番いいみたい。

そういう意味ではやはりレインコートの右に出る者はいませんね。

小さくたためるものも出ていますから、バッグの片隅にいつでもポンと入れて置くにこしたことはないってことです。

 

あと盲点となるのが足元。

上半身は濡れていなくても、足元がちょっと濡れるだけで体温が大きく奪われてしまうんですよ。

この時期だけでも防水やはっ水のシューズを常用しておくといいんです。

濡れてしまってもさっとふいて、また快適にはくことができますからね。

スニーカーではさすがにそういうわけにはいきません。

レインコートを買うときに、ちょっとふんぱつしてレインシューズも買っておくのがいいと思います。

 

さっきの私の友人は、上半身も濡れたけれど特に足元がひどく濡れて、夕方にはもう歯がガタガタしてしまうくらい震えてしまったそうです。

その日の夜から熱が出て、3日間寝込んだということなので、夏前といって油断していてはいけませんね。

それからは傘を持つことを心がけるとともに、転ばぬ先のつえとしてレインコートを常備しているとか。

私にもすすめてくれたので、素直にアドバイスに従っておこうと思います。

 

汗ジミが気になります

夏が近づいてくると、汗ジミが気になりますよね。

私は昔から汗っかきで、真夏はしぼれるくらいになってしまいます。

濃いグレーなんかのトップスを着ると、脇の部分に霧吹きで水をかけたのかと思うほど色が変わってしまうので、ここ数年は淡いカラーのトップスを選ぶようになりましたね。

やっぱり外出先で脇に汗ジミがあると恥ずかしいですし、テンションが下がってしまいますからね。

 

 

だけど淡いカラーにしたところで、根本的な解決にはなっていません。

目立ちにくくなっただけで、汗をかくのには変わらないんですから。

私なりに考えてみたところ、汗ジミが目立つのは素材によっても変わるみたいで、綿素材が一番目立つように思いますね。シャリッとしたポリエステル混紡なんかはさほど目立つ感じはしません。

 

ですが真夏はやはり綿素材が着たい。

お肌がそう訴えているような気がするんです。

そう思って調べてみたら、綿素材でありながら汗対策をしてあるトップスが少ないながらもありました。

綿とポリエステルが混紡されていて、綿の割合が高いものを選べば、デリケートなお肌を持つ私でも着られそうです。

 

去年量販店で買った汗ジミ対策トップスは、表面には汗がしみてこないけれど内側で汗がダラダラ流れて、それはそれで気持ち悪かったんです。

中に汗取り用のインナーが欠かせないという感じでした。

できれば真夏は一枚でさらりと着たいので、通販で見つけた汗ジミの目立ちにくいトップスを一枚買ってみようかなと思っているところです。

デオドラント対策までされていたら言うことないんですが、そこまで求めてはいけません。

お肌にくっつき過ぎないシルエットで、中に熱がこもらないように配慮していてくれたら合格点です。

ちょっと心配なのはカラーが濃いグレーやカーキといった、汗ジミになりやすいものが多いこと。だけどあえてそういったカラーを展開しているということは、汗ジミ対策に自信があるということの表れなのかも。

購入するならカーキかなあと、今のところ考えています。

汗

ウォーキングと冬コート

私事でずっとバタバタしていたのですが、ようやく少し日常を取り戻してきた今日この頃。

中断していたウォーキングも、少しずつ再開しています。

コースである池の周りを2周から3周するんですが、しばらく歩かないうちに、冬用のコートでは途中から暑くなってくることを発見しました。

 

吹きさらしの広い池ですから、真冬の風が冷たいことは確かです。

なので歩き始めるときには、真冬用のもこもこダウンコートに、マフラーをしっかり首元に巻いて完全装備にしています。

ですが池を半周するころには、だんだんポカポカしてきて、1周するころにはコートの前を開け、マフラーはほどいて首からかけているという状態に。

 

一緒に歩いている私より5つほど年上の友人は、2月の半ばからは薄手のコートにチェンジしています。

彼女曰く、更年期というのもあって、のぼせがひどく、冬用コートでは歩き終わったときに汗だらけでひどいことになるそうです。

汗取りインナーは着ていますが、それがぐっしょりと汗を吸って、重くなるほどなんだとか。

それを放置すると寒くなって、風邪の原因になりそうと言ってました。

 

私はそこまでなったことはありませんが、3周も歩いて帰ってくると、やはり汗をしっかりかいています。

これからは彼女のように、歩く日にはコートを薄手のものにチェンジして備えておこうかなと思い始めました。

風は冷たいけれど日差しが強くなってきたというのも、私たちが暑く感じるようになった要因のひとつなのかもしれないですね。

 

 

耳当てをかわいくつけたいけれど

このごろ、防寒グッズをおしゃれに使いこなしている人が増えたなあと感じます。

とくにボアのふわふわした耳当てを、かわいくファッションに取り入れている人が目につきます。

自転車をこいでいる人に特に多いように思いますね。

 

子どもの幼稚園ママにも、耳当てをかわいくつけている人がいます。

彼女は耳当てをいくつも持っていて、その日のコーデに合わせてチェンジしているんですよ。

黒、ベージュ、白、ヒョウ柄を今まで見たことがあります。

これだけバリエーションがあれば、ほぼどんなファッションにも合わせることができそうですよね。

 

かわいいな、いいなあと思うんですが、すぐに取り入れることができないのが、自分の欠点だなあとよく思います。

ニット帽子のときもそうだったんですが、髪の毛がすぐにヘンなことになってしまうんですよね。

耳当てはまだニット帽子に比べるとかたがつきにくいですが、それでも耳付近の髪を抑えることになるので、ヘンにぺったんこのところができてしまうんです。

 

それから、どうやら私は静電気を帯びやすい体質らしいので、首回りや顔回りにアクリル系のふわふわがあると、もう髪の毛がひどいことになってしまって。

アクリル系のマフラーやスヌードをつけると、子どもと手をつなぐことすら危険になってくるんです。

きっと耳当ても、同じようなことになる気がします。

なので冬場は、顔回りや首回りがけっこう寂しいことが多いんですよ。

手軽にかわいい雰囲気を演出できる耳当て、本当はつけたいんですけどね~。残念です。

娘の買ったシンプルニット

先日娘が自分で買ったニットが、かなりかわいいです。

正直言って私が借りたいくらいなんですけど、ちょっとサイズが…。

自分を小さくしてそのニットを借りるべく頑張ればいいんですが、なかなかです。

でもいつか!と野望は持ってます(笑)

 

そのニットはシンプルなネイビーで、前身頃にだけ編み込み模様があります。

糸はネイビーにマスタードのネップが混ざった、一見地味だけどマスタードがいい味を出しているというものです。

 

中学生の好みとしてはシブいし、値段も5900円とまあまあしたので、娘のお小遣いでは厳しかったと思うんですけど、それでもコレが欲しい!という娘、けっこうセンスあるんじゃないの?と思いました。

理由を聞いたら、「よくわからへんけど、ほかのと違う可愛さがあるねん」と、中学生らしい語彙の少なさで答えてくれました。

でも、娘の言いたいことはわかりました。他のとは値段が違うけど、素材の良さは光っているし、シンプルな中にかわいさが潜んでいるという感じなんですね。

それがわかった娘、成長したなと思いました。

 

じつはネイビーは、私が一番好きなカラーです。

そしてシンプルな中にかわいさがあるというのは、私のハートをくすぐるポイントなんですね。

なのでそのニット、私もぜひ貸してほしい(笑)

いっそ同じもので私サイズを買おうか…とまで思ったんですが、親とおそろいなんて、中学生の女の子からしたらあり得ないですよね。

なので、今回はやめておきました。

でも次見た時セールになっていたら…こっそり買っちゃうかもです。

 

真冬用のロングコートが欲しい!

数年に一度という、強烈な寒波が日本列島を襲っています。

私の住む南関西地区では、雪が積もって大変なことになるということはありませんでしたが、それでも家の窓や壁がガタガタいったり、自転車がなぎ倒されたりしています。

そんな極寒の日でも、子どもの幼稚園はあるので、持っている中で一番暖かいコートを着込んで外に出ました。

 

だけどこんな日には、それでも太刀打ちできないんだということがよく分かりました。

足が冷えて冷えて、帰宅したらひざから下が氷のようになってました。

さらにもう一段暖かいコート、やっぱり買わないといけないと実感しましたね。

お気に入りのネットショップをさっそく開いて、品定めしているところです。

冬のレディース服カタログ

 

私の持っている最大に暖かいコートは、丈は長めとはいえ、お尻がかくれる程度です。

もっと長い、ひざくらいまであるコートが欲しいんですよね。

今日みたいな極寒の日には、お尻がかくれるくらいの丈では足りません。

ふとももから下が冷えてしまって困るんです。

ちょっとゴミ出しに行く程度でも、この丈では不足感がありますね。

 

なので今日明日くらいまでに注文して、この週末から本格的に始動させたいと思ってます。

それぞれのショップで候補をひとつずつ決めて、そこから絞っていこうかなと考え中。

プチプラショップでも、真冬用のコートは多少値が張ってもいいやと思ってます。

しっかり温めてくれるならば、多少は許しますよ(笑)

 

 

スヌード付きニット

先日買ったニットワンピがことのほか使えるので、最近のお出かけはそればっかりです。

シンプルなネイビーのニットワンピなんですが、同じ編地のスヌードがセットになっているんです。

スヌードのあるなしで、かなり表情が変わります。

 

スヌードありで数回着たあと、先日ははじめてスヌードなしで着てみました。

手持ちのストールを合わせると、また違った印象になります。

ニット自体はすごくシンプルなので、他のものとケンカせず、上手に引き立ててくれるのもいいんです。

 

また、スヌード単体でも使えますよ。

スヌードといっても、今回のものは、すぽっとかぶるだけのものです。

長めの設定になっているものは、一度くるっとねじってからかぶるものもありますが、これはねじらないものです。

最初からゆるめにつくられているんですね。

防寒用にきっちり巻くのにはてきしていませんが、すごくかわいいゆるさなので、あまり寒くない日に他の服と合わせて使ってみました。

ネイビーというシンプルカラーなので、すごくしっくりきます。

よくみるとねじり編み…というくらいのさり気なさなのがいいです。

 

いつも主人の実家にお年始に行くときの洋服に迷うんですが、このお正月はこれを着ていくことに決めました。

毎年写真を撮るので、去年と同じ服ではマズイんですね(笑)

でも、もう今回は決まったので安心です。

もし親戚の子どもたちと近所の公園で遊ぶことになったら、そのときはさっとかぶってスタンバイOK。そんな青写真までできました。

 

 

最近GUでよく買い物をします

主婦になってからというものの服にそこまでお金をかけられなくなってしまいました。
簡潔な理由、贅沢をしていては家計が回らないんですよね。
たまにの自分へのご褒美に好きなブランドのバッグやアクセサリーなどの小物を買う事はありますが、基本的には安く可愛いもので普段着は着回す事が多いです。
そこで私が大活用しているブランドと言うとGUが最も多いです♪
いくら安いとは言ってもネット通販などは実際に商品が見れないので、安くて可愛服を直で見る事が出来るGUは本当にありがたい存在だな~なんて,思ってしまいます!
安く流行のファストファッションアイテムを購入出来ちゃうところが嬉しいですね。
また普段使いがしやすいカジュアル系の路線も多い上、安いのにみすぼらしい雰囲気もなくトータルコーデをしてもおかしくないのでかなり大活用しています♪

しかし私の家の近所にはGUが以前はありませんでした。
買いに行くとするのであれば、都内まで出かけた時のついでなどが多かったものです。
けれど、最近近くのファッションモールにGUが入ったのでそこでよく買い物をしています。今年の夏はTシャツやアロハシャツなどを購入しましたが、本当に普段使うには充分過ぎる程オシャレなアイテムが多いなと思えますね。
昔は黒系の服ばかり着ていた私ですが、本当GUで買い物をするようになってから大人可愛い系のファッションにも興味を持つようになりました。
私の母曰くGUは可愛いけどちょっと若者向けかな? なんて事を言っていましたが、アイテムによっては40代50代の方が着たっておかしくないものばかりだと思います。

理想のふかふかパンツをゲット

中がふかふかで、スタイルは細身という冬用パンツを探していましたが、なかなかビビッとくるものがなくて、ずっと保留にしていました。

もう冬に突入しているというのに、ボトムスは寒いまま。ちょっと焦りも出てきていました。

ですがほんの10分ほど前、注文ボタンをぽちっと完了。

いったいどこのものかというと、生協です(笑)

今日が生協の注文締切日のため、野菜やらお肉やらを注文していて、重なっていた生活用品のカタログをふとみると。

私が探し求めていたとおりの柄と仕様のあったかパンツが、なんと1500円で出ているではありませんか。

即決で注文しちゃいました。

 

中がふかふかの上に、ウエストがゴムになっているのがイイんです。

アラフォーから上の世代が多く購入するということもあってか、生協のボトムスはウエストゴムが多いんですね。

たとえゴムであっても、上から長めのトップスを着るので見えません。

モーマンタイです(笑)

 

日ごろは無駄遣い防止のため、食料品と日用品のカタログだけ抜き出しておいて、洋服カタログなどは見ないようにしているんですが、今日見付けたパンツは、洋服カタログではなくて日用品のカタログになぜか載っていたので、見付けられたんです。

どういうラインで分けているのかはわかりませんが、私のような買い方をする人もきっといると思いますね。

洋服カタログをあえて遠ざけている人も、思わず買ってしまう。

なかなかニクい商品を、ニクい場所に掲載している生協さんなのでした。

 

ダサすぎる夫

夫はまったくファッションに興味のない人。
今着ている長袖ポロシャツももう5年以上前から着ています。
一緒に買い物へ行くたびに、「何か服買ったらどう?」と聞くんですが、「まだ着れるからいいや」という返事ばかり。
確かにどれもこれも着れます。
だってめったに服なんて破れないし、虫喰いだってありませんから。
それに夫が数年に一度買う服は高いものばかりなので、品質的にはいいんですよね。
だからちょっとやそっとのことでは傷みません。
なので買う理由がないんだと思います。

物欲の高い私からすると、あっても欲しくなるものだけどなぁ…と思うんですが、これがうまくバランスがとれているようで、衣服代が家計にも響かずありがたいことです。

ただ、一緒に並んで歩くのにはちょっとダサすぎます。
秋は必ずベージュのチノパンに長袖ポロシャツ、そしてグレーっぽいジャンパーを着ます。
チノパンといってもダボッと感のあるきれいなラインが出るものではありません。
そしてジャンパーがどうもなぁ…という感じ。
今時こんなジャンパー売ってないでしょと思うような、いかにもおじさんが着るジャンパーです。

ほんの少しでいいから、ファッションに関心を持ってくれると嬉しいのになぁ。
カップルってどこか雰囲気も似ている人たちが多いのに、私たちはかなり不釣り合いにみえていると思います。